起業とホロスコープ観察日記。

2020年コロナ真っ只中に起業。ホロスコープにハマってるので、仕事とホロについて語ります。夫も私も起業勤め→フリーランスの自由人。

太陽天王星アスペクト持ちは、天王星シフトに強いのでは説。

サンプルが私と夫しかないんだけれど、

ネイタルで太陽と天王星アスペクトとってると、変化に強いのでは?と思っている。

 

 

ということで、天王星牡羊座時代に何をしてたのか振り返り。

ちなみに2011年3月12日〜2018年5月15日です。

 

私の場合、天王星牡羊座は太陽から数えて5ハウスで起こってる。

2012年にいわゆるクリエイティブとよばれる職種に転職している。

こえええ。クリエイティブで食べていくって思ってたもんなぁ。

そして、フリーになったのが2018年2月。

まさしく、はじまりの終わり。一歩目の完了感がすごい。

 

夫の場合、9ハウスで起こってる。

2012年に会社を辞めて、海外で働きながら転々として、永住先を見つけようとしてた時期らしい。

結局日本がいいとなって、帰ってきたのは2016年の終わり。

私と出会って2018年に引っ越ししてるから、天王星の時期とだいたい同じ。

 

私はどこでも働いていける手に職が欲しくて、夫は仕事に縛られない住居が欲しかった。

それぞれ牡羊座が担当する、個とか自立を求めての行動と結果って感じだね。

 

牡羊座ってトライアンドエラーの回数が増えるのかな。

私は転職4回してるし、夫も5カ国以上行ってた気がする。

まずやってみるって感じするもんなー牡羊座。めちゃくちゃ忙しかったわけだ。

 

 

夫と話してると、この時期は私はこれをしていた、僕はこれをしていた。

それがどんどん近づいていって出会った。みたいな不思議な感じがする。

 

星の動きを察知してその通りに動いていると、

ばーん!と曲がり角で出会うみたいなことが起こるのかもしれない。

 

 

そして、今の天王星は牡牛座で、2019年3月6日〜2026年4月26日まで。

私にとっての6ハウス。夫にとっての10ハウス。

こないだ2人で起業したよね…。両方仕事のハウスこえええええ。

なんなのこれ。

 

夫と私の太陽は獅子と射手なので、常にトラインで動くのもいいのかもしれない。

退屈なアスペクトと言われてるけど笑

 

 

 

脱線した。

と、まあ、天王星は約7年で移動するから、それぐらいのペースでは何かが起こるわけで。

それを織り込み済みの人生だったら、そろそろ変わるよね〜という感じでやっていけてる。

 

そもそも、太陽-天王星アスペクトは自主的な人生観と書いてある。

自主的ってところが肝で、転勤でも辞令でもなんでもなく、自分で決めてるんですよね。2人とも。

 

 

お尻がムズムズしてきたら動いてしまう。

世の中が変わる前に一歩早く動くのかもしれない。

天王星は最先端とかの意味もあるし。

 

 

2026年には、また新しいこと始めてるんだろうな。

あと6年かあ。きっと牡羊座よりは早いはず。

牡羊座、長く感じた人多いんじゃないかなぁ。

新しいことをしている時は時間が遅く感じる。